200万円の家を買う2泊3日車中泊旅行

200万円の廃墟

家賃0円のシェアハウスを作るために、激安の廃墟を買ってみました。
可能な限り、自分と手伝ってくれる人たちでDIY修理し、誰もが自由に住める家にします。

【200万円の廃墟シリーズ】

 

200万円の家購入

田舎に家を買いたいと思いはじめて約2年。
遂に家の購入を達成したので、その時の様子をご紹介いたします。

僕が田舎に住む理由【賃貸0円 完全シェアハウス作ります】

 

日程

2月11日  
14:30 出発
18:30 【車中泊】しんしのつ温泉 たっぷの湯に到着
20:00 就寝
2月12日  
5:00 起床
6:00 朝風呂(400円)
8:00 購入予定の家に到着(家が雪に埋まっている)
10:00 住民票移動手続完了
12:00 家購入手続き
16:30 家の前で生放送
18:30 【車中泊】道の駅 花ロードえにわに到着
21:00 就寝
2月13日  
5:30 起床
10:30 車購入(ホンダ アクティバン)
15:00 帰宅

 

出費

2月11日~13日の3日間

食費 5121円
ガソリン 約4000円
(満タン状態で出発したため)
旅費合計 9121円
1日あたり3040円

 

雪かきセット 9519円
約23万円
約230万円

 

検討段階(1月)

まず、1月26日に家の下見に行きました。
この時点では、まだ購入は決まっていません。

 

この日は24時間デパートトライアルに行ってみました。
ここで車中泊も一応可能です。

【車中泊】メガセンタートライアル伏古店

 

そして、この日は道の駅 北欧の風 とうべつで車中泊しました。

【車中泊】道の駅 北欧の風 とうべつ

https://twitter.com/KazuhiroMV/status/1089119209726959617

 

もう一枚布団があれば、更に快適でした。

 

そして、物件がこちら。
家はボロボロで、雪がすごいですが、土地が広くて倉庫も付いていて、かなり良い立地と物件でした。
販売価格は250万円です。

 

一人暮らしをしたら、車が必須になるので、アンケートを取ったところ、軽バンのほうが良さげということがわかったので、次家を購入するときに一緒に購入することにしました。

 

皆さんに、どのようなスペックの車が良いか教えてもらいました。

 

購入段階(2月)

家の購入に踏み切ったのは、2月8日です。

 

車中泊3回目となると、必要なものがわかってきます。
特に布団関係はもうバッチリです。

 

車中泊する人の多くが、電気毛布などで夜間の冷え込み対策をしている人が多いですが、結論を言うと布団をたくさん持っていけば解決します。
今回は、敷布団、掛け布団x2、毛布の順にかけて使っています。
(服は、Tシャツ、トレーナー、セーター、ジャンバー)

 

ローソンで休憩

 

宿泊場所の道の駅しんしのつに到着しました。

【車中泊】道の駅しんしのつ

 

夜ご飯を近くのセイコーマートで買ってきました。

 

車中泊するときは、テーブルになるような場所があると便利です。
新しい車が到着したら、ダンボールで棚とかを作ろうと思います。

 

朝起きたら、-10度でした。
でも、布団をたっぷり持ってきたので、全然平気です。

 

朝風呂に入ってから、本日購入する家に来ました。
すると、見事に埋まっていました。
道路に面した入り口は、除雪された雪が積み上がっています。

この後、役場に行ってこの写真を見せて、除雪してもらうことができないか確認したら、見事に断られてしまいました。
個人宅の除雪作業は有料で、無料でやってしまうと他の町民と不公平になってしまうからとのことです。

 

しょうがないので、頑張って除雪することにしました。

 

除雪道具を合計1万円分購入しました。

  1. ママさんダンプ:2000円(もっと大きい物のほうが良かった)
  2. 雪かきスコップ:2000円(雪が硬すぎて今回は使わなかった)
  3. 金属スコップ(硬い雪用):1000円(買ってよかった)
  4. 冬用あったか長靴:4000円(凄い暖かくてよかった)
  5. 軍手大量:1000円(濡れたら交換できるので良かった)

 

 

そして、購入手続きをしました。

  • 不動産屋さんに到着
  • 1時間ほど、物件の情報について説明
  • 1時間ほど、契約内容などを説明
  • 合計2時間程度で契約・購入・支払い完了です。

 

再び、新居にきて生放送をしました。
生放送は、案外見てくれる人が多く、コメントもいろいろもらえて楽しかったので、今後は生放送に力を入れていきます。

 

そして、本日車中泊するところに到着しました。
ここは、国道に面した場所なので、トラックが多かったです。

【道の駅】道の駅 花ロードえにわ

 

この日の朝はマイナス14度でした。
口の息が当たる部分の布団が凍っていました。
それでも、朝まで寝られたので、巨大バッテリーと電気毛布を買うよりも、布団多めに持っていったほうが良いと思います。

 

そして、お店のオープンと同時に、車を見に行きました。
もともと即決する予定で行きましたが、その即決を武器に、ルーフキャリアを付けてくださいとお願いしたら、付けてくれました。
買うと2万円くらいするので、お得ですね♪

【Amazon】ルーフキャリア

お値段合計は、すぐに乗れる状態に整備とかナンバー取得をしてくれて23万円です。
約3万円で地元に配送してもらうので、取りに来た場合は20万円です。
親に車を返す必要があるので、配送してもらうことにしました。
(今考えたら、バスで取りに行っても良かったかもしれないと思い始めました(汗))

 

そして、家に帰ってきました。

 

2泊3日の車中泊でわかったことは、家がなくても生活できるということです。
1日平均6時間位は運転していたので、ガソリンは結構使いました。
更に、夜寝る前と朝起きたら、エンジンを付けっぱにしていたので、1日9時間位はエンジンを付けていたと思います。

それでも、1回の17リットルの給油(行き満タン、帰宅時半分)ハスラーの燃料タンクは27リットルなので、30リットル位使った計算になります。
30リットル、1リットル136円だと4080円なので、こんなもんだと思います。
行きは昼過ぎ、帰りも昼過ぎに帰ってきたので、実際は丸二日ですから、ガソリン代だけは割る2で計算すると、1日あたり2000円使ったことになります。

つまり、車に住んだ時の維持費は多くても2000円 x 30日 = 6万円という計算になります。
冬は暖かい地方へ、夏は涼しい地方へ住む場所を変えれば、更にコストを下げられると思います。
住所は実家にして、車で移動して住むというのも全然可能ですね。

今回、お菓子とかコンビニを多用したので、食費は1日平均 1700円となりました。
この辺も試行錯誤すれば、1日1000円は余裕でしょうから、月にすると3万円です。

つまり、ガソリン代6万円、食費3万円、合計9万円あれば、車に暮らすということもできそうです。
レンタルWIFIを契約して、スマホとパソコンでブログ・YouTubeをやって月10万円で日本中を渡り歩く人は、まだ多くないので、それ自体をコンテンツとして生活するのも悪くないと思います。

食費 5121円
ガソリン 約4000円
旅費合計 9121円
1日あたり3040円

 

まとめ

最近は、小屋ぐらしや別荘ぐらしをしている人が多いです。
そこに、車中泊ぐらしをする人も増えてもおかしくないと思えました。
小屋や別荘を買うよりも安いですし、車はその後も使い続けられるので、土地や別荘を買う前に、車中泊ぐらしからやってみるのもいいかと思います。

旅行好きの人にとっては、めちゃくちゃ楽しい人生になる気がします。