僕が田舎に住む理由【賃貸0円 完全シェアハウス作ります】

シェアハウス 田舎暮らし

今回は、僕がなぜ田舎に住もうと思っているのかを、ご説明させていただきます。

僕が田舎に住む理由

僕の最終的な目的は「超低コストで生活をするための環境を作りたい」ということです。

まずはじめに、なぜこういった考えなのかをお伝え致します。

 

低コストで生活したい理由

今の日本の社会は、お金が非常に重要視されています。
家を借りるのも、食品を買うのも、遊ぶのも、何をするにしてもお金がかかります。
そして、都会に行けば行くほどお金がかかります。

お金を貯めるためには、たくさん働くしかありません。
しかし、僕の場合は、一般的な人と比べて極端にストレスを感じやすい体質のため、ちょっとしたことで精神や体調が悪化してしまいます。
1時間くらいのストレスなら、一時的に我慢することも可能ですが、週5日、每日8時間という長時間、ストレスに浸かってしまうと、お腹の調子がありえないほど悪くなります。

 

僕の病状

病名にすると、過敏性腸症候群と言い、異常に便意を感じる症状です。
便じたいも水のような下痢になってしまい、それが頻繁(1時間毎)に発生します。
(便の水分が多いため、我慢することができず、トイレに行きたいと思った瞬間トイレに駆け込まないと、漏らします)
1時間毎にトイレに駆け込んでいては、仕事になりません。
※すでに便がない状態でも、便意を感じ、便は出そうなのに出ない状態が続きます。

これを解決する方法は、ストレスを避ける、水分を取らない、食事を取らない、しかありません。
その状態を続けると当然ですが、違う病気を誘発してしまいます。

 

 

そして、僕が低コストで生活したい理由は、ストレスの貯まる仕事、つまり一般的な社会人としての仕事をしたくないからです。

 

社会人として仕事をしている限り、嫌な仕事をしてストレスが貯まり、会話をしたくない相手と会話をしてストレスを貯めことは避けられません。

しかし、唯一ストレスがたまらない仕事(作業)があるんです。
それは、「一人でモクモクと作業をすること」なんです。

もしかすると、職人とかにあっているのかもしれませんが、僕の場合は「ブログ」「YouTube」が適していることが判明しました。

 

生活を安定させる

また、収入が少ないと、将来の不安を感じてしまいますから、それもまたストレスがかかります。
しかし、収入が少なくとも、出費が少なければ、十分に貯金が可能となり、将来の不安を解消できる事がわかりました。

  • 収入24万円、出費18万円、貯金6万円
  • 収入10万円、出費  4万円、貯金6万円

普通に働くよりも、好きな生活をして、楽しく生きたほうが断然より良い人生になりますよね!

メモ
収入が多くても、社会人として生活をすると、出費が多くなるため、貯められる金額はあまり変わらない。

 

独立したほうが、実は未来がある

「正社員は生活が安定している」という幻想の時代は終わりです。
他人よりも明らかに優秀であったり、有名大学卒業 大手企業新卒入社、そういった極稀にいる少数の人間にしか通用しません。
正社員が首を切られることは、なかなかないのは間違いありませんが、給料が減ったり、長時間労働をしなければいけない可能性は高いです。

大好きな仕事で、給料の額は大きな問題ではないと感じているわけではないのなら、あえて続ける意味はありません。

それよりも、独立して、ブログやYouTubeで収入を稼げたほうが、今後の社会では大きなメリットがあります。

  • 好きな時間に寝起きできる
  • 好きな時間に作業できる
  • 1ヶ月休んでもいい
  • 怒られない
  • 自分のミスで他人が困らない

すべてが完全に自己責任になると、本当にストレスから開放されます。

 

大金は稼げないくてもいい

大金を稼ぐために独立する人は非常に多いです。
しかし、僕が行おうとしていることは、大金は稼げません。
そのため、普通の考えとは大きく異なります。

理解できない人も非常に多いです。
今まで、すべての日本人が信じていた「お金」を重要としない考えですからね。
お金よりも、「楽で楽しく、自由な人生」を獲得しようとする試みです。

必要最小限の時間で、最低限のお金を稼ぎ、跡は自由に楽しむ人生です。

 

大金を手にしたら何をしたい?

10億円手に入ったら何が欲しいですから?
実際は10億円なんて大金は手に入りませんが、入らなくとも似たようなものは手に入ります。

  • 超高層マンション
    →田舎の広い激安物件で我慢
  • 高級カー
    →軽トラで我慢
  • 高級料理
    →白ごはんと納豆+卵で我慢
  • 高級ファッション
    →每日同じ服で我慢
  • 新型スマートフォン
    →安いスマホで我慢

こうやって、いろいろなものを我慢できれば、大金はなくてもいいんです。
もし、どうしても優越感を得たい性格なら、大金を稼ぐように頑張るしかありません。

僕は、優越感よりも「やりたくないことをやらない人生」の方が大事です。

 

ここで本命の話題ですが、あらゆるものをシェアすれば、案外高級製品に近いものを格安で手に入れることができるようになります。

 

シェアすることの重要性

1つの物を複数人でシェアすれば、コストを大幅に減らすことが可能です。

  • 10万円のテレビも4人でシェアすれば、1人2.5万円で購入可能です。
    24時間テレビを見続けるわけではありませんから、見たい番組は録画して、空いている時間でそれぞれが見ればいいのです。
  • 100万円の車も4人でシェアすれば、1人25万円です。
    維持費も年間12万円を4人でシェアすれば、1人3万円です。
    24時間車を使うわけではありませんからね。
  • 家賃7万円の一軒家も、4人でシェアすれば、1人1.75万円です。
    1つの家に住めば、電気ガス水道インターネットあらゆる基本料金を分割してお安くすることが可能です。
    それぞれワンルームを借りるよりも、大幅にコストを下げて住むことが可能です。

服だって、冷蔵庫だって、電子レンジだって、キッチン用品だって、なんでも24時間使うわけではありません。
家族のように一緒に住めば、あらゆる物を買わなくて済むんです

(家族で暮らしている時って、家電は1つあれば十分でしたよね?4人家族でも冷蔵庫は4つ必要ありませんでしたよね?)

 

ブログ・YouTubeは万能

ブログやYouTubeは、コスパが高いツールです。
あらゆるジャンルで利用可能な万能ツールなのです。
自分が好きなことを、ブログやYouTubeで紹介すればそこから、わずかに収入を得られるのです。

料理、ペット、釣り、プラモデル、テレビ番組、なんでもいいんです。
自分が大好きだと言えることを、ひたすらブログとYouTubeで発信してくだけでいいんです。
一般人よりもたくさんの情報を手にして、まとめていると、自然とプロに近づいていきます。

※アフィリエイト教本(ネット情報を含む)などでは、単価や検索数の高い情報をサーチして、それをまとめる手法が有名ですが、僕はそれよりも、自分が大好きなことを大量にまとめる方が楽しいですし、結果も出るし継続もできると思っています。

日本で一番にはなれないかもしれませんが、一般人よりはだいぶ詳しい存在になることが可能です。
テレビに出演して、お金をガッポガッポ稼ぐことは難しいかもしれませんが、日々の生活を成り立たせる程度に稼ぐことは可能です。
嫌な仕事を続けて苦しくなるよりも、楽に気楽に生活することが可能となります。

※今の仕事に満足して、幸せという方にはおすすめできない手法です。

 

家賃0円の完全シェアハウスを作ります

そこで、今僕が行おうとしているのは、家賃0円の完全シェアハウスです。
家賃は0円というのは、賃貸契約を結ぶのではなく、家の中で発生するすべての生活に必要な費用をシェアするという意味です。
※家賃4万を4人でシェアすると、1人1万円となります。

一般的なシェアハウスは都会に多く、それでいて家賃も案外高額です。
田舎の大きな一軒家に住むことで、大幅に家賃を削減することが可能です。

完全シェアハウスというのは、生活に必要としない、個人的な持ち物もシェアするということです。
誰かがPS4を購入したら、全員でシェアし、他人の服もシェアする。
使っていないスマホやタブレットもシェアする、まるで家族並のシェアを実現することにより、さらなる低コスト化が可能となります。

※歯ブラシや下着、常用する服など、シェアするべきではないものはシェアしない

そして、最初の住人は僕と同じようなジャンルで活動できる人を応募しようと思います。
ガジェットを買うには結構お金がかかります。
誰か1人が購入して、みんなで回せば、他の人は購入していないにもかかわらず、開封レビューが可能となります。

また、こういった仕組みを企業に認知してもらえれば、1つの商品を提供するだけで、複数のブログでレビューが公開されることになり、企業にとっても非常に有効な提供先となります。
今まで、僕一人では、高額な商品でも5万円程度が限度でしたが、4人集まれば、最大20万円の商品も提供してくれる企業が現れるかもしれません。

あなたが企業側ならどちらのブロガーに商品を提供しますか?
1人のブロガー:1つの商品を1人のブロガーに提供
シェアブロガー:1つの商品を4人のブロガーで共有
※全員同じ規模のブログを保有していると仮定

 

シェアブロガーの相乗効果

SNSをやっていると、わかるのが、シェアしてもらうというのがなかなか大変ということです。
しかし、同じ仲間であるブロガー同士が、シェアし合えば、それぞれのフォロワーに効率的に記事を拡散することが可能です。
1人よりも、複数の方が拡散力が大幅に大きくなります。

 

それぞれのガジェットの特徴もシェアできます。
赤の他人のガジェットブロガーに質問するのは、大きな勇気が必要です。
そもそも、答えてくれない可能性もあり、時間もかかります。
しかし、シェアブロガー同士なら、即座に担当ガジェットの情報を瞬時に口頭で共有可能です。

時間がかかる検証結果も、共有可能です。
ブログには書ききれなかった微妙なニュアンスも共有可能です。

 

ブログ作業以外でも、様々な効果があります。
古い家をDIYする際、1人だと1時間かかる作業が、2人だと20分で終ることはよくあります。
2倍ではなく3倍、4倍くらい効率化されるのです。

特に、大きな建築物を建造する際は、複数人いるだけで、ありえないほど工程スピードが早くなります。
他にも、買い物には全員が行く必要もありませんし、2人いれば、カメラマンにだってなれちゃいます。

重要なのは、2人以上になるだけで、あらゆるスピードが2倍以上に高速化されるということです。

 

住人募集はまだ先

しかし、住人の募集はまだ行いません。
早くて今年、遅くて来年上旬かなと考えています。
なんでも、早いほうがいいので、可能な限り早めに行う予定です。

 

その他考えていること

  • シェアハウス内だけで使える独自通過(仮想通貨)の発行
    助け合いを独自通貨化することで、平等性が生まれます。
  • 部屋の増築
    庭にスモールハウス(小屋)を増築することで、シェア人数を自由に増やせます。
    面倒な上下水、トイレ問題も母屋があるので問題ありません。
  • 誰でも0円で宿泊可能なライダーハウス化
    世の中のあらゆる物を0円になることを望むなら、自分から率先して0円にしていく必要があります。
    対価としてお金をもらうのではなく、それ以外の労働力(手伝い)、いらないものを貰えばWin Winの関係を築けるかと思います。
  • 生活すべてをアウトプット
    ブログ、動画、生放送などを利用して、生活の8割をアウトプット(インターネットに公開)することで、コンテンツ化することが可能です。
    住人に関しては全員これを行ってほしいと考えています。
  • プライベート空間の確保
    1人1部屋は必ず用意します。
    誰にも侵されない、誰も入室不可、ノックも不可の部屋を用意します。
    常に誰かと一緒というのはストレスが貯まりますからね。
  • 撮影ルームの作成
    ブログ写真、動画撮影で便利な撮影ルームを作ります。
    1部屋あれば、全員で利用できるので、とても便利です。
  • 畑を作ります
    庭が広いので、畑を作って、作物を育てます。
    その過程もコンテンツになり、作物も得られ、適度な運動にもなり、一石三鳥の高コスパです。

現在は「僕が考えた最強のシェアハウス」ですが、1つずつ作り上げていこうと思います。
※ゲーム(マイクラ)っぽくて面白そうですよねw

 

この記事を見てくれている人へのお願い

最後に、僕からお願いがあります。

今後僕が家を購入して、暮らし始めた時、冷蔵庫やテレビ、あらゆる物を用意する必要があります。
寝袋やパソコンなどは実家から送りますが、冷蔵庫の様な大きなものは配送コストが高すぎるため、こちらで用意する必要があります。

 

お願い

もし、佐賀県唐津市の僕の家まで持ってきてくれる人がいれば、家の中のいらないものを僕にください!
長年家にあるけど、使っていない家電があれば、粗大ごみに出す前に僕にください!

欲しいものリスト

  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ
  • 炊飯器
  • テレビ
  • 食器類
  • ソファー
  • テーブル
  • 絨毯
  • タオル(ハンディー、バスタオル、雑巾)
  • バケツ
  • ふとん
  • 軽トラック
  • 原付バイク
  • 掃除機
  • 賞味期限が切れた食べ物
  • その他、あると便利な物

 

目次

【目次】北海道 → 佐賀県旅行 【1ヶ月体験移住】