単管倉庫の設計図を作ろう

DIY

千葉県に小さな森を購入したので、単管パイプで倉庫を作ろうと思います。

その他の小屋ぐらし記事

その他の小屋ぐらしブログ記事はこちら

生放送

単管パイプ倉庫の設計図を作ろう

 

森に倉庫を建築する理由

現在、ワンルームアパートを借りていますが、ゆくゆくは森に住みます。
森には、倉庫以外にも小さな家(小屋)を作りますが、小さいため、工具やものを置くスペースとして倉庫が必要になります。

今回は、その倉庫を作るために、ここに色々書き記しておこうと思います。

単管倉庫のサイズ

単管パイプの直径:48.6mm
横幅:5m
奥行き:2.5m
高さ:最長部2.75m, 最短部2m
勾配:3寸(16.7度)

 

基礎の作り方 その1

コンクリートの基礎ブロックの上に固定ベースをアンカーボルトで打ち付ける

 

基礎の作り方 その2

砂利の上に固定ベースを乗せて、コンクリを流し込む。

単管パイプでガレージを作ろうと思います

 

単管倉庫の全体図

屋根部分だけ、木材を使う。
屋根の垂木幅は40cmの間隔が良いかも?(画像は1m間隔)
桟木(さんぎ)と読む

 

倉庫を合板で囲った場合の費用

約18枚必要となるため、2万円~2.7万円必要
断熱材は45mm x 1.8m が約60枚必要
5mm厚で24枚入ったものは6000円なので、1.5万円必要。

メリット

  • 気密性を上げることができる
  • 断熱材を入れることができるようになる

 

波板の間にポリシートを挟むことで気密性を上げる

ポリシートを桟木の上にタッカーで貼り付けて、その上から波板を貼り付ける。
数回重ねることで、若干の断熱性も確保できる。

 

 

小屋設計図メモ

単管パイプ小屋のあとは小屋をつくるので、その設計図案をかいてみました。

DIY・工具・ガーデン の 売れ筋ランキング【Amazon】

その他の小屋ぐらしブログ記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました