僕の理想の生き方【コスパ最強の生き方を再考する。】

僕はコスパ最強の生き方を模索するのが人生の目標です。
今回は、僕なりのコスパ最強の生き方をまとめてみました。

コスパ最強の生き方とは?

スマホを買うときにコスパ最強と言うと、値段が安くて使い勝手がいいスマホとなりますが、人生においてコスパ最強とは、なんなのでしょうか?

まず一番考えつく重要な項目はお金でしょう。
お金が多いに越したことは無いでしょうが、お金が無尽蔵に自動的に入ってくるという状態の人はほとんどいませんし、僕もそうです。
親が金持ちで、死ぬまで働かなくていいなら、この心配はありませんが、一般人であれば、どうやってお金を稼ぐか検討する必要があります。
お金を稼ぐためにはたくさん働かなければなりません。
しかし、労働時間に比例して、ストレスも増え、お金の対価にストレスを貯めすぎてしまえば、コスパ最強の人生を送ることはできません。

例1:年収1000万円、日々の労働14時間、ストレス度90%
例2:年収200万円、日々の労働4時間、ストレス度10%

このような2つの例があった場合、僕は例2を選択します。
理由としては、僕はあまり物欲もなく、お金があってもあまり使わないからです。
キャバクラに行きたいとか、高い服を買いたいとか、都心の中心に住みたいという感情がありません。
むしろ、タダでもキャバクラには行きたくないし、高い服もいらないし、都心の中心にも住みたくありません。
僕は山のほうが好きですし、人が少ないところに住むのが好きです。

つまり、僕にとってのコスパ最強の生き方は、大金よりもやりたいことに打ち込んで、それで小銭を稼ぐ人生ということになります。

 

メインの収入源が無くなる可能性

つい先日、僕のYouTubeチャンネルの動画が一つ消されてしまいました。
詳細は特に書きませんが、Twitterには書いてあります。

 

YouTuberにとって、動画を削除されるというのは命の1/3を削られるということになります。
YouTubeのチャンネルは3ヶ月の間に3本の動画を削除されてしまうと、アカウントBANと言って、アカウント内のすべてのYouTubeチャンネルが消されてしまう処置が施されます。
つまり、僕のガジェットチャンネルで3本の動画が消されると、その他の日常チャンネルなどを含む多数のチャンネルが全部消え去ってしまうのです。
これはとんでもない大被害となります。

僕のメイン収入はYouTubeです。
その他にもブログなど色々ありますが、ちょっとまとめてみます。

  YouTubeが消えたら
YouTube全体 40万円  
スマホサイト 14万円 14万円
ブログ 5万円 5万円
合計 59万円 19万円

正直今の収入は僕にとってはあまりにも多すぎます。
もしこの59万円が12ヶ月続くと、708万円です。父親より高収入です。
僕はもともと、お金は使わないし、お小遣い1万円で十分くらいな人間です。
仕事をやめて個人事業主になった当初は、細かい家計簿をつけていましたが、本当に何も買わないですし、YouTubeやブログで必要なものを買うために1万円使う程度でした。
なので、仮にYouTubeの収入が無くなったとしても、生活には困りません。
その御蔭で、この3年位で約1000万円貯まりました。

しかし不思議なことに、必要はないけれど、大きな収入源が減ってしまうというのは、凄い怖いというか恐怖心があります。
低収入の頃は、逆に失うものがなくて怖いものなしだったのに、ある程度の収入が入ってくると、それが消えてしまうことを恐れてしまうんです。

先程のYouTubeの動画が1つ消されたと言う話に戻るのですが、その夜は怖くて眠れませんでした。
このまま立て続けにYouTube動画が2つ削除されてしまったらどうしよう。
怖い怖い怖い怖い。
ひたすら関係ないゲーム実況の動画を見て、気を紛らわせてやっとのことで眠れましたが、収入の波が激しい仕事というのは精神が結構削られます。

大金を稼ぐための生活を送り続けてコスパ最強の人生を送れるのか?

僕がYouTubeをやっている理由は、趣味が半分仕事が半分です。
僕は飽き性というか、いろんなことに興味を持つため、1つのことにずっとのめり込み続けるということはなかなかできません。
そのため、ガジェットチャンネルをやったり、スマホちゃんねるをやったり、日常チャンネル、ねこチャンネルといった具合に、大量のYouTubeチャンネルを作ってきました。
最も効率よく大金を稼ぐなら、メインのスマホちゃんねるだけをひたすら更新し続けるのが一番です。
しかし、僕の性格上それをやると、疲れてしまってストレスが90%まで貯まってしまうのです。

つまり、コスパ最強の人生を送るためには、どのチャンネルもほどほどに趣味80%、仕事20%くらいの感覚で続けるのが精神を保つと言う意味も兼ねていいのかと思います。
たとえ収入が下がったとしても、僕は低収入で生きていけますし、むしろお金はもう十分貯まったし、収入がゼロになるわけでもありません。
また、他の稼ぐ方法も始めようとしているので、気にせず我が道を進もうと自分に言い聞かせています。
ただ、言い聞かせて入るんですが、心は正直なのか心臓の高鳴りはなかなか消えません。

 

お金がたくさん使ってみた

今までの僕の人生は節約人生でした。
そのため、お金をたくさん使う人生は体感したことありませんでした。

たまたまYouTubeがうまくいき、31歳という年齢にしては年収も高く、貯金もたくさんできました。
31歳の平均年収は450万、年収中央地は420万円、平均貯金額は450万円なので、全て上ということになるので、なかなか良い結果になったと思いました。

正直なところ、ここ最近は収入が多すぎるため、人生で一番と言えるくらいお金を使いました。
宝くじの様な感じで、運良く年収が高くなったので、2020年はお金を色々使ってみようと思ったわけです。
僕は体験したことがないことはとりあえず体験してみようと思う人間だからです。

約1年半の間で仕事道具など、どの道買ったであろう物を除き、無駄遣いと言える購入品をまとめてみました。

     
200万円 買ってよかったけど、実家に家があるので買わなくても生活はできた
ショベルカー 130万円 2ヶ月前に買ったけど、まだ一度も使ってない
iPhone11Pro 12万円 レビューのために買ったけど、買わなくても良かった
最新のダイソン 8万円 安物の掃除機で十分だった
iPhone SE 5万円 全く使ってない。置物
電動工具類 40万円 一部はよく使うが、大半はほぼ使ってない
合計 395万円  

普通のイメージだとキャバクラ、高級ブランド品、高級車とかをイメージするかもしれませんが、たとえあぶく銭だったとしても、僕はどう考えても無駄でしか無いものは買えませんでした。
計算してみると、結構使ったのかな?まぁでも人生に役立つ経験にはなったし、今後の助けになるものばかりなので、ほぼ後悔はしていません。
更に僕が買っているものは、どれも中古で売ったとしてもそれなりの値がつくものばかりです。
家やショベルカーに関しては、元値と同じで売れるかもしれません。

 

大金を稼いでも税金でめっちゃとられるから、低収入のほうがお得

仮に、実家で暮らし続けたとしたら、税金で取られる分を考えると貯金が1200万円くらいにはなっていたかもしれませんね。
ここで本当に怖いのが税金です。
先ほど紹介した購入品はすべて経費です。つまり、所得税税金がかかりません。2019年は経費でたくさん物を購入したため、収入は多いんですが年収は結構低いです。

つまり、400万円使わなかった場合は、年収も高くなってしまい、所得税もたくさんとられて、せっかく稼いでもその苦労が水の泡になってしまうということになるんです。
しょうがないことですが、なんか悲しいですよね。
なので、たくさん買ったということでもあります。
YouTuberですから、いろいろ経費にできるのは良いメリットだと思います。
ダイソンも全然欲しくなかったけど、動画のネタのために買いましたし、iPhone11Proも高すぎて本当は買いたくないけれど、ネタのために東京に行って買ってきました。もちろん交通費もネタのためですから経費です。出張みたいなものですよね。

 

年収が上がっても幸福度は上がらない

でも正直、たくさんものを買ったからと言って、幸福度が上がったとは言えません。
2020年から2021年にかけては、もうちょっと収入を下げて、やりたいことをやる時間を増やそうかなと思っています。

世界的な研究の結果によると、年収が800万~900万円の人の幸福度が一番高いという結果が出たそうです。
あくまでも平均的な結果なので、年収300万円でめっちゃ幸福の人もいるでしょうし、たぶん僕はそのくらいかつ自由に生きるのが一番幸福度が高い気がします。
役職が上がって責任が増えて年収も増えるより、下っ端で責任がなくそれなりの年収のほうが気楽で好きって人がよくいますが、それに似ていますよね。

 

今一番欲しい物

ただ、ちょっとほしいと思うものがあるんですよ。
それが、山です。

でも、今すぐに欲しいわけではなく、僕がもうちょっとDIYの知識を増やして、1人でそこそこきれいな家を作れて、井戸を掘れて、電気工事が出来るようになったら山を買おうかなと思っています。

山って地域にもよるけど、500万円あれば、3000平米~1万平米買うことができます。
そして、僕の理想の山の生活をご紹介します。

まず、メインの家には誰も住みません。
ただし、メインの家にはキッチンやトイレ、リビングなどの共用スペースとして活用可能です。
そして、村の住人は小さいですが、個別の家が与えられます。
新しい部屋がほしければ新しい家を立てて専用家にします。
例えば、カラオケ専用家(映画見るのにも丁度いいかも)
漫画をたくさんストックしておく家。読みたい人はここから持っていって、読み終わったら戻す。
山なら安いし、農作業も出来るし、大声出してもいいし、周りの目を気にしなくていいし、凄い住みやすいんですよね。
誰かのものはみんなのもの、そうすれば、電動工具も1つあればいいし、ゲーム機も1つあればいいし、テレビも大半が一つあればいいんです。

今僕が住んでいる場所が、1500平米で田んぼの真中にあるんですが、これをするには狭くて、なおかつ北海道ということで気楽に住むにはちょっとハードかなってところもあります。
狭い部屋にストーブを設置しなければならないのはちょいと大変ですし、そもそも雪国生活が怖いと思っている人もたくさんいて、人を集めるなら、雪が降らない暖かい場所が最適かなと思っています。

今検討しているのは、山梨県の山です。
いくつか理由があって、まず東京に近いという点です。
僕は東京から遠くてもいいんですが、住民が増えることでコスパが良くなりますので、やはり興味を持った人がある程度気軽に来れる距離が良いと思うんですよ。
それで、今住んでいる北海道でもシェアハウス募集をしたんですが、思ったより人が集まりませんでした。
Twitter、YouTubeのコメント欄を見ると、北海道は遠い、北海道は寒いからいや、という声がたくさんありました。
実際僕の家は空港から1時間なので、東京から3時間程度で着きますので、大して遠くは無いんですが、イメージ的に断念するという人は多くいそうです。
そして、冬はやっぱり寒いのでそこは同仕様もありませんから、低コストのシェアハウスするなら温かいところがベストかと思います。

次に土地が安いという点。
これは山じゃなくても更地でも良いんですが、更地だと周りに家がある場合も多く、車や他の人の目が気になる地域が多いです。
山なら広くて安くて、木々に囲まれているので、知らいない人からジロジロ見られる心配もありませんし、車もあまり通りません。
かと言って本当の山奥になると、アクセスの不便さ、携帯電波の問題、インターネット固定回線の問題、トラックが入れない故に材料の木材の搬入が厳しいなど、いろいろは問題があります。
これら問題を解決できる、固定回線が引ける、裏山付きの物件を探しています。
もし、持ってるよとか、この物件良さそうじゃね?ってのがあったら教えて下さい。僕も探しているけどなかなか見つかりません🥺

本当の理想は、周りに木々が生えて平坦かつ道路に近くて、東京にも来るまで2時間程度で行けて、面積が広くて安いエリア。そんなの無い気がするけど…
群馬県まで行けばあるかな?茨城県でもいいと思っている。千葉もいいけど高い。

Googleで「山林 都道府県」で調べると色々出てくる。

▼車

▼電車

 

まとめ

ということで色々書きましたが、まとめると、適度にYouTubeをやりながら、自給自足生活を目指して、近い将来コスパ最強のシェア村を作るためにコツコツ作業を進めていこうと思っています。

こうやって妄想しながら、何すればいいか考える時間が一番楽しかったりする!

【Amazon】DIYシリーズ 自分でできる! 小屋の作り方

【Amazon】自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ

【Amazon】世界で一番やさしい2×4住宅


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/kazuhiro23/geek-kazu-next.com/public_html/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:663 Stack trace: #0 /home/kazuhiro23/geek-kazu-next.com/public_html/wp-includes/template-loader.php(77): include() #1 /home/kazuhiro23/geek-kazu-next.com/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/kazuhiro2...') #2 /home/kazuhiro23/geek-kazu-next.com/public_html/index.php(17): require('/home/kazuhiro2...') #3 {main} thrown in /home/kazuhiro23/geek-kazu-next.com/public_html/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 663