【7日目】空き家バンク 肥前町 港町編【北海道 → 佐賀県旅行 (1ヶ月体験移住), 2018年6月26日】

空き家バンク 物件紹介 未分類

今回は、いよいよ空き家バンクに登録されている自宅を拝見しに伺いました。

目次

【目次】北海道 → 佐賀県旅行 【1ヶ月体験移住】

10万円の一軒家

皆さん、一軒家を購入するとなると、いくら必要でしょうか?
普通だと、新築で3000万~4000万円くらいは必要でしょう。

中古になればお安くなりますが、安くても1000万円はするでしょう。
しかし、今回ご紹介する物件は、なんと10万円です!

それでは、早速チェックしてみましょう~

 

家情報

まずは家の情報です。
唐津市内(唐津市の大きな街)までは車で40分程度。
福岡までは、更に1時間20分ほどかかる距離です。(合計約2時間)

築34年とそこまで古い物件ではありません。
家のサイズも一軒家としても大きめの142.49平米です。
7DKと部屋数もめちゃくちゃ多いです。

そして、一番のポイントは売却価格が10万円という点です。
これは、賃料ではなく、完全売却の金額です。

空き家バンク 物件紹介 (2)

土地面積は220平米であり、家の周りの空間が約80平米もあります。
また家の内部には大量のすまれていた人の家財道具がありました。
まだ全てを運び出されていないのかもしれませんが、冷蔵庫や鍋などもたくさんあるため、手ぶらでそのまま住むことも可能のようです。
そして、肝心のインターネットは明日電気屋さんに行って確認してきます。

空き家バンク 物件紹介 (1)

 

見取り図

1階も2階もかなり大きいです。
右の部屋がリビングですが、右奥の部屋の床は抜け落ちそうなほどゆるくなっていました。
畳を剥がして、直す必要があります。

キッチンも汚いですが、掃除をすれば問題無いレベルでした。
トイレは大用と小用が付いていまして、お風呂も普通でした。

空き家バンク 物件紹介 (4)

 

2階にもお部屋がたくさんあり、非常に広いです。
縁側的なところもあり、日向ぼっこには最適です。

空き家バンク 物件紹介 (5)

 

そして、家の外観はこんな感じです。
よくある家ですよね。
なかなかお金がかかってそうな家だと感じました。

空き家バンク 物件紹介 (3)

 

家の中には、住んでいた頃のものがたくさんおいてありました。
家に入居したあとは、まず大掃除が始まるでしょう。

空き家バンク 物件紹介 (6)

 

お風呂道具も揃っています。

空き家バンク 物件紹介 (8)

 

おトイレも水洗で、洋式です。

空き家バンク 物件紹介 (9)

 

キッチンもごちゃごちゃしていますが、全部貰えるらしいです。

空き家バンク 物件紹介 (10)

 

場所

赤茶色の森の中の一軒家です。
周りには、家がなく、高台にあるため、長めも良いです。
夜中に騒いでも、近所迷惑にならないくらいの場所です。

 

気になるポイント

山の上にあるため、道路から歩いて登らなければいけません。
道も狭いため、大きなものを運び込んだり、運び出すのがかなり大変です。
引っ越しはかなり大変になることが予想されます。

家の前が墓地になっています。
小さな墓地なので、僕はそれほど気になりませんが、霊感がある人は気になるのかもしれません。

眺めは最高です。
窓を開けると、視界を遮るものがないので、海を一望できます。

結構田舎なので、近くに商店しかありません。
ただ、車で5分走れば、スーパーがあるので大きな問題ではないかと思います。

道路から家まで坂+距離があるため(約徒歩3分)、通販をよく使う人は、配送業者さんに申し訳ないと感じてしまうかもしれません。
僕の場合は、月に15回くらい通販を利用するので、なんだか申し訳なくなってしまうかもしれません。

一つの部屋の床が抜け落ちそうなので、畳を剥がして、なんとかする必要があります。
部屋が大きいので、そこは物置にして使わないという考えもできるかもしれません。

小さな町なので、近所付き合いはしないといけないかと思います。

 

まとめ

とりあえず、こちらの建物は保留にしておきたいと思います。
他にもいい物件があるかもしれないのと、一軒家を購入することのリスクもありますからね。
安く購入しても、売りたい時に買い手がつかなかったり、自然災害で大きな損害が出たときも、一軒家の場合は自分でなんとかする必要があります。
(賃貸の場合は、引っ越せば終わり)

僕の理想は年間家賃5万円です。
他の田舎暮らし系ブロガーの方の記事を見ていると、そういった家に住んでいる方もいますし、唐津の方に聞いてみても、無いことは無いということみたいです。

激安物件が探しにくい理由は、一般的な不動産屋さんは取り扱っておらず、持ち主が空き家バンクに登録するしか無いからです。
実は、田舎には大量の空き家があるのですが、持ち主が不明だったり、高齢だったり、空き家バンクという制度があることも知らなかったり、使っていないけれど、大してお金に困っていないから放置していたりと、いろいろな理由があります。

高い物件ほど、簡単に見つけられますが、安い物件ほど業者は見向きをしないため、自分で探すしか無いようです。

ぶた
激安空き家物件を探すというのは、結構大変だということがわかりました(汗)

 

目次

【目次】北海道 → 佐賀県旅行 【1ヶ月体験移住】