ふきのとうをタダで1.5kg収穫してきた!【山菜】

山や道路の脇にはたくさんのふきのとうが見つかります。
春の訪れを感じさせる野草なので、皆さんも摘んで食べてみてください。

山菜

春になると、山菜の季節が始まります。
冬は採れない無料の野菜を山に行けばたくさん収穫できます。
ただし、山菜の収穫にはある程度の知識が必要です。

特に葉物の山菜は毒のあるものと間違う可能性もあるため、判別が難しいです。
その点でふきのとうはわかりやすく、簡単に見つかって、なおかつたくさん収穫できます。

 

ふきのとう

トトロでも出てくる、傘の代わりに使う、ふきを知らない人はいないでしょう。
そして、そのフキが出る前に芽を出すのがふきのとうです。
春になって収穫できる最初の山菜がふきのとうなんです。
そのため、ふきのとうが出始めたら、山菜収穫を始める目安です。

 

写真

都会の道路だと、しっかりと管理されているので、生えていない可能性が高いですが、田舎だと雑草伸び放題なので、たくさん生えています。

ふきのとうをたくさん採る (4)

 

その辺のまるっこい蕾のように生えているのが、ふきのとうです。

ふきのとうをたくさん採る (1)

 

このまま放って置くと、そのうち花が咲くのですが、その前に収穫するのがポイントです。

ふきのとうをたくさん採る (2)

 

中に蕾があるのがわかりますね。

ふきのとうをたくさん採る (3)

 

そのへんに大量に生えているので、たくさん獲ってきました。

ふきのとうをたくさん採る (5)

 

重量を計測すると1.5kgでした。

ふきのとうをたくさん採る (6)

 

とりあえず、定番のふきのとうの天ぷらにして食べました( `^ω^)=3

 

ポイント

良い点

  • その辺に大量に生えている
  • 春の訪れを味覚で感じられる

 

気になる点

  • 苦いので大量に食べられない
  • 大量に食べ過ぎると体に良くない
    少量なら問題なし

 

まとめ

春になったらふきのとうを食べたくなってきます。
じつは、ふきのうとうってそんなにおいしいわけではありません。
でも、この苦味が春の訪れを感じさせてくれるんです。

ふきのとうは本当に苦いので、ボリボリ大量に食べられるものではありません。
芽キャベツのように食べるのは無理ですし、食べ過ぎると体によくありません。
ふきのとうは花の蕾なので、花粉もろとも全部食べるとことになります。
そのため、一部の人はアレルギー反応がある場合もあります。
初めて食べる人はちょっとずつ食べましょう。

それでも、春になると1度はふきのとうを収穫して食べているんですよね。
でも、2度収穫に行くことはなかったりしますw
1度食べれば十分なんですよね( `^ω^)=3

KazuHiro
みなさんも、道端に生えているふきのとうを食べてみて下さい