【ゲーム実況攻略】マイク音声とゲーム音を別撮りして、動画編集を高速化する

ゲーム実況の問題点

ゲーム実況において、一番と言ってもいいくらいの問題点が、編集がたいへんというところです。
ゲームをプレイして、録画して、編集せずにアップロードするのはとても簡単です。
しかし、30分の動画を編集すると、編集だけで1時間以上の時間が必要になります。
つまり、30分ゲームをプレイして、1時間編集する。合計1時間30分の時間が必要になるのです。

しかも、ゲーム実況というのは、とても簡単につくれますし、ライバルが多い市場です。
そんな場所に無編集で挑んでも太刀打ちできません。
そのため、今回動画編集を格段にしやすい方法を編み出しました。

 

ジェットカット

動画の音声波形をみて、ズバズバとカットして、無駄な部分を省く方法をジェットカットといいます。
YouTuberのジェットダイスケさんが最初に考案したため、この様に言われています。
この方法のいい点は、動画を見返さずとも、波形だけを参考に動画をカット編集できるという点です。

僕のGEEK InboxやGEEK KAZUチャンネルは、もともとジェットカットを多用して、動画を作っています。
しかし、ゲーム実況でこのジェットカットを使っている人は、見たことありません。
そのため、動画編集の逆輸入的な感じで、この技術を使えば、他のゲーム実況者よりも、速くかつスピーディーな展開のゲーム実況動画を作ることができるのです。

 

作ってみた

そして、実際に作ってみた動画がこちらとなります。

 

作り方

こちらのOSB設定を設定すると、ゲーム音とマイク音が別のトラックとして録画することができます。
すると、ゲーム音は無視して、マイク音声だけを頼りに、動画をカットできるようになります。
撮影した動画全部をきちんと見ずとも、波形だけを見て編集できるので、今までの2倍近く高速に動画編集ができるようになります。

 

タイトルとサムネイル

ゲーム実況は検索でヒットしにくいでし。
ピンポイントでゲームを検索すれば、ヒットしますが、なかなかゲーム名で検索するということはありません。

そこで、ここでも一般的なYouTubeと同じ手法で、タイトルとサムネイルを作ります。
GEEK INBOXとGEEK KAZUと同じ手法で、サムネイルとタイトルを作りました。

ゲーム名とゲームナンバー(Part01など)はタイトルの最後に付けます。
初めて動画を見ようとした時に、サムネやタイトルの頭にナンバーがあると、クリックされないからです。
見ようと思った動画がNo50とかだと、「50話もあるのか、全部見るのたいへんだなぁ~見るのやめよ!」という感情が出てしまうからです。

しかし、続きを見たい人には、Noがわかるようにしたいので、タイトルの最後に載せます。
そして、動画説明欄に再生リストを載せます。
続きを連続で見てもらうためには、再生リストは必須だと思います。

 

まとめ

このジェットカットを多用して、動画をたくさん投稿していこうかと思っています。
全く人気がない動画ですが、とにかくいろいろ試して、再生数と登録者数の推移を観察して、トライアンドエラーで改善させていこうと思います。