地デジのTV番組を誰でも簡単にパソコンに永久録画する方法!【TS抜き】

地上デジタル放送をパソコンに録画する機会 ガジェットレビュー

テレビの番組って面白いですよねぇ~
でも、テレビのHDDにずっと保存しておくと一杯になってしまいますから、出来ればパソコンに保存したいです。
そんなときの便利なのが、TS抜き対応の地デジチューナーです。

地デジのTV番組をパソコンに保存って出来るの?

通常のテレビ・レコーダーにはそのレコーダーでしか番組を見れないような保護がされています。
そのため、TOSHIBAのレコーダーで録画した番組をSONYのレコーダーで見ることは出来ません。
ということは、TOSHIBAのレコーダーが壊れてしまって、同じ型のモデルが生産終了してしまうと、録画した番組はもう見れなくなってしまうんです。

KazuHiro
同じTOSHIBAのレコーダーなら、なんでも良いというわけではなく、同じレコーダーじゃないと駄目なんです。

それを解決してくれるのが、TS抜き対応のレコーダーなんです。
TS抜き対応レコーダーなら、保護がかかっていない状態で録画できるので、パソコンやスマホにうつして番組を録画することができちゃいます!

 

地デジチューナー レコーダー

激安で簡単に使える、TS抜き対応のレコーダーです。
テレビに繋げて簡単に使えるので、こういったIT機器に詳しくない人でも簡単に使えます。

 

スペック

商品  地デジチューナー レコーダー DTV01
ブランド  AT-MRK
ASIN  B01N1UHD5E
型番  DTV01
チューナー ISDB-T 1TUNER
受信周波数 470~770MHz(UHF13ch~62ch)
映像出力 RCA端子・HDMI端子(A TYPE)
音声出力 RCA端子(ステレオ)・HDMI端子(A TYPE)
アンテナ入力 F端子×1
メディア入力 USB2.0規格(1TBまで)
対応フォーマット FAT/FAT32/NTFS
対応ビデオフォーマット AVI/MPG/MPEG/XVID/VOB/DAT/MP4/TS/M2TS/MKV/H.264/RM/RMVB
対応オーディオフォーマット PCM/MP3/OGG
対応画像フォーマット JPG/BMP/PNG
仕様電源 DC12V/24V(家庭用ACアダプター付属)
動作温度範囲 0℃~50℃
外観寸法 約120(W)×75(D)×30(H)mm(突起部を除く)
重量 約120g
付属品 チューナー本体×1、リモコン×1、ACアダプター×1、ロッドアンテナ(ケーブル長さ:約1.5m)×1、シガー電源アダプター×1、
リモコン受信ケーブル×1、AV出力ケーブル×1、取扱説明書兼保証書

 

写真

TS抜き対応の地デジレコーダーは基本的に2~3万円するため、結構高いです。
しかも、パソコンとつなげて、設定も結構難しいらしいのですが、今回のモデルは1万円を切る格安価格です。
さらに、PCも不要でテレビと接続するだけで使えるというすぐれものです。

地上デジタル放送をパソコンに録画する機会 (1)

 

車に持っていけば、車の画面にも映し出すことが出来ます。
車でテレビ番組を見たいという人にもおすすめです。

地上デジタル放送をパソコンに録画する機会 (2)

 

地デジチューナーって昔と比べるとどんどん安くなってきましたよね。

地上デジタル放送をパソコンに録画する機会 (3) 地上デジタル放送をパソコンに録画する機会 (4)地上デジタル放送をパソコンに録画する機会 (6)

 

それでは、早速開封しましょう!

地上デジタル放送をパソコンに録画する機会 (7)

 

付属品はこんな感じ

地上デジタル放送をパソコンに録画する機会 (16)

 

ACアダプター

地上デジタル放送をパソコンに録画する機会 (17)

 

12V 1A

地上デジタル放送をパソコンに録画する機会 (18)

 

カーシガータイプの電源

地上デジタル放送をパソコンに録画する機会 (19)

 

3色ケーブル

地上デジタル放送をパソコンに録画する機会 (20)

 

アンテナ。これをつければ、アンテナ端子の無いところでも受信出来るかもしれない。

地上デジタル放送をパソコンに録画する機会 (21)

 

リモコンの受信部延長ケーブル

地上デジタル放送をパソコンに録画する機会 (22)

 

そして、こちらが本体です!

地上デジタル放送をパソコンに録画する機会 (23)
KazuHiro
小さい!

 

前にはUSBのHDD等を繋げる端子がついています。

地上デジタル放送をパソコンに録画する機会 (24)

 

地上デジタル放送をパソコンに録画する機会 (25)

 

後ろはこんな感じ。

地上デジタル放送をパソコンに録画する機会 (26)

 

地上デジタル放送をパソコンに録画する機会 (27)

 

底面

地上デジタル放送をパソコンに録画する機会 (28)

 

そして、必要なのはmini B-CASカードです。
しかし、mini B-CASカードは持っていないので、通常サイズのB-CASカードを切って使うことにしました。

地上デジタル放送をパソコンに録画する機会 (29)

 

まずは、型が必要です。
実は、mini B-CASカードは、スマートフォン携帯電話の通常サイズのSIMと同じ大きさなんです。

地上デジタル放送をパソコンに録画する機会 (30)

 

ということで、いらないSIMカードを用意しましょう。

地上デジタル放送をパソコンに録画する機会 (31)

 

それをこの様に載せてマジックで枠を書いて、カットすれば完成です。

地上デジタル放送をパソコンに録画する機会 (32)
mini B-CASカードは2050円で販売されているので、買うことも可能です。こちら

 

動画

 

ポイント

良い点

  • 安い
  • 簡単に使える
  • 永久にTV番組を保存して置ける

 

気になる点

  • テレビ欄が見づらい
  • テレビ欄が操作しづらい
  • 動作スピードが遅い

 

まとめ

なかなか良いガジェットですね。
永久保存しておきたいテレビ番組を簡単に保存できるのはとっても便利です。
もちろん、映画やアニメなんかもこれで保存することが出来ます。

使いにくいポイントもありました。
まず、動作がもっさりしています。
テレビ欄を見ても、次のページや局の切り替えでツーテンポくらい遅れるので、サクサク録画したい番組を探すというのが出来ません。
スマホ等で番組表をチェックしてから、録画するほうが効率がいいくらいです。

また、録画開始時間が1分くらい遅れます。
そこを考慮して、1分だけ録画時刻を早めに設定する必要がありました。

さらに、HDDは1TBまでしか対応していません。
試しに、2TBのものをつなげてみても、認識してくれませんでした。

そのため、もっと快適に、録画したいという人は、パソコンに接続するタイプを選んだほうが良いかもしれません。
ただ、そのモデルはもっと値段が高いのと、別途そこそこの性能があるパソコンが必要になります。

次回は、実際に使ってみた様子を動画にしてご紹介しようと思いますヾ(*´ω`*)ノ

KazuHiro
この格安価格としては、妥当な性能が搭載していると思います。
使いづらいところもありますが、毎週やる番組は一度設定してしまえば、後は放置で自動録画してくれます。
ちょうど使っていないパソコンが余っている人は、もっとスペックの高いTS抜き対応チューナーを買ったほうが良いかもしれませんね