洗濯マグちゃんを自作したら、液体洗剤が不要になった

DIY

マグネシウム洗剤

マグネシウムが洗剤のかわりになることを知っていますか?
5年ほど前から、洗濯マグちゃんという商品がヒットしており、最近再びヒットしているのです。

半永久的に使い続けられるマグネシウムですから、毎回洗剤を買うよりも経済的です。

 

原理

マグネシウムが水に浸かると、水がアルカリ性に変化します。
そして、人間の皮脂汚れはアルカリ性の水に溶けやすいらしいのです。

 

洗濯マグちゃんは高い

しかし、様々なブログやYouTubeを調べたところ、洗濯マグちゃん1つでは洗浄力はあまり高くないらしいです。
最低でも2つ、理想的には4つあったほうが良いらしいのです。

しかし、洗濯マグちゃん1つ50gで2000円、4つで200g 8000円というのは洗剤としては高すぎます。
半永久的に使えると言っても、高すぎます。

そして、洗濯マグちゃんに入っているのは高純度のマグネシウムです。
つまり、マグネシウムを買えばいいだけなのです。

 

そこで、こちらのマグネシウムを購入しました。
99.9%の高純度マグネシウムです。
1回の洗浄時200g使えばいいので、3回分あります。

1つは我が家で、もう一つは姉の家で、そして、もう一つは予備として残して置けるのに、お値段はたったの5000円です。
洗濯マグちゃんだと200gで8000円のところ。マグネシウムは600g 5000円という破格のお値段!

残念ながら、少量で激安なものがなく、量が多いほど安くなる商品しかなかったので、数家族でわけで使うのが良いかと思います。

 

製品は海外から発送されたようで、届くまで2週間ほどかかりました。
だから、安いですね。

 

伝票はちゃんとしています。

 

こちらがマグネシウムです。
パッケージはちゃんとしています。

 

中は更に袋に入っています。
製品管理はしっかりとしているようです。

 

すごい量のマグネシウムです。
タダのマグネシウムの粒でしょうから、原材料費としては凄い安いのでしょうね。

 

重量は約600gです。

 

1粒の大きさはこのくらい。

 

マグネシウムは粒が小さいので、散らばらないようにまずは、ネットに入れて小分けにします。

 

1セット100g

 

2セット200g

 

入れる袋がなかったので、軍手で代用しました。

 

その後、100円ショップでブラジャー用の洗濯バッグを見つけたので、これを使っています。

 

ちょっと大きいですが、問題ありません。

 

中でマグネシウムが散らばると面倒なので、しっかりとチャックが固定される物を選んだほうが良いと思います。

 

後はこれを洗濯時に一緒に入れて洗うだけです。

 

メンテナンス

我が家ではまだ行っていませんが、定期的にクエン酸で洗浄したほうが良いらしいです。
マグネシウムが水を化学反応を起こすときに、マグネシウム表面が酸化するらしいです。
すると、膜ができてしまい、本来の力を発揮できなくなります。
そこで、マグネシウムをクエン酸につけることで、参加した膜を溶かして、新品のときの状態に戻すことができるということです。

目安としては、大体1ヶ月に1回このメンテナンス作業をすると良いらしいです。

もともと洗濯マグちゃんは1年使ったら交換しましょうと言われているのですが、それはメーカー的に買い替えを促して、利益を上げるための作戦であり、洗濯マグちゃんもクエン酸で洗浄すれば半永久的に使い続けられます。

 

まとめ

このマグネシウムを購入したのが10月頭で、約2ヶ月使用していますが、以前と同じような洗浄力を感じます。
この2ヶ月間、今まで使っていた一般的な液体洗剤は一切使っていませんが、全く困っていません。
汚れや匂いも落ちて、気になりません。
まだ、クエン酸の洗浄メンテナンスは行っていないので、そろそろやろうかなと思います。

洗濯マグちゃんも原料はマグネシウムです。
そのため、製品の質としての違いは、入れ物(袋)しかありません。
袋なんて100円ショップに売っていますから、マグネシウムを買って自分で自作したほうが数倍お得です。

特殊な液剤や機構が備わっているわけではなく、マグネシウムの化学反応を利用しているだけですから、全く同じ効果が見込めます。
つまり、洗濯マグちゃんを買う意味はほぼないということです。

洗剤自体、それほど高いものではないので、劇的に家計を助けるというわけではありませんが、長期的に見ると家計だけでなく環境にも配慮した素晴らしい洗剤だと思います。
おそらく、今後は更に普及するでしょうから、気になった人は試してみてもよいかと思います。