手作りかまどにロケットストーブを合体させたら、煙が全部吸い込まれる!【DIY , 動画】

ロケットストーブかまど DIY

今回は、ロケットストーブと屋外コンロをバージョンアップしました。

目次

【目次】DIY かまど作り

かまど+ロケットストーブ

かまど(釜戸やバーベキューコンロとも言うかもしれません)にロケットストーブを取り付けることで、急激な吸い込み力が生まれるため、炎(空気)が奥へ奥へと吸い込まれます。
完全燃焼するため、煙も少なく、炭じゃない木を燃やしても、煙たくなりません。
※その辺の木や枝でバーベキューが可能です。

 

作り方

まずは、コンクリートブロック12個使って、かまどの土台と枠組みを作りましょう。

 

次に、メガネ石を置いてロケットストーブへの出口を作ります。

 

ロケットストーブは自作しましょう。

無料のペール缶でロケットストーブを作ってみた【DIY , 作り方】

 

鉄板で蓋をします。

 

本来隙間はセメントで埋めますが、今回は泥+草を代用しました。

 

制作動画

 

まとめ

以前よりも格段に吸い込みが強くなりました。
ロケットストーブを後ろに取り付けたことにより、熱(炎)と空気が奥へ奥へと吸い込まれますから、煙も煙突を通って排出されます。
通常、バーベキューや焼き肉をする場合、炭を使わないと、煙がモクモクでて、煙たくて焼き肉どころでは無くなってしまいます。
しかし、このシステムを使えば、煙はかなり抑えられて、火力も強いため、その辺に落ちている木を使うことができます。

ぶた
ロケットストーブは超効率よく燃焼するため、煙がほとんど発生しません。
そのため、都会の庭でも作って使っている人がいるくらいです。

 

目次

【目次】DIY かまど作り