冬はビタミンDが足りなく、行動が起こしづらくなるときの対処法!【ライフハック】

冬はいろいろな理由により、行動力が低下する季節です。
今回は、冬でも夏のように活発に動けるようになる方法をご紹介致します。

冬は鬱になりやすい

冬に行動が起こしづらくなる理由は、太陽を浴びる時間が短くなるためです。
人間は太陽光を浴びることで、ビタミンDを生成することが出来ます。
そして、ビタミンDは睡眠などに深く関係するセロトニンを生成するために必要な素材なんです。
その結果、セロトニン不足に陥ってしまうのです。

つまり、ビタミンDが不足することで人間は軽い鬱状態になってしまいます。

冬は鬱になりやすい

太陽にできるだけ浴びるようにしよう

 

ビタミン剤で栄養補給

できるだけ、日中に外に出て、太陽に浴びたほうが良いのですが、地球には太陽が昇らない日の国が存在します。
極夜という状態の国では、その時期になると鬱で自殺してしまう人の割合が上昇してしまうそうです。
太陽に浴びないことにより、鬱になってしまうんです。

そもそも太陽が昇らない国では、自然からビタミンDを生成する方法がありません。
そんなときに活躍するのが、ビタミン剤です。
こういった国では、子供から大人までビタミン剤を飲むのが習慣化されているみたいですよ。

ビタミン剤を飲めば、強制的にビタミンDを体に取り入れて、セロトニンの分泌も活発化することが出来るので、冬でも夏のときの活力を取り戻すことが出来ます。

体調管理にはビタミン剤に頼ろう!

 

おすすめのビタミン剤

ボクの場合は、Amazonで購入したネイチャーメイドのビタミンDを購入して飲んでいます。
飲む前と比べてると、非常に効果が出ていると感じています。
明らかに、鬱っぽい状態が晴れて来たので、冬は欝気味になりやすい人はビタミンDを購入するのがおすすめです。

手軽に買えるのがAmazonのネイチャーメイドです。
1瓶で3ヶ月分なんですが、700円程度と非常にお安いです。
計算すると、1日当り7.6円でした。

KazuHiro
精神的に落ち込んでいるときは、ビタミンD不足かもしれません。

ビタミン剤で解決出来るかもしれないので、購入すると良いかもしれません。