写真や画像に矢印や文章を追加する最も簡単な方法【Skitch】

よく、ブログの画像に矢印や文字を書いている人がいますよね。
実は、とても簡単にその画像編集ができちゃうので、ご紹介いたします。

画像に矢印や文字を挿入する

Windowsだと標準ソフトに「ペイント」という機能が付いていますよね。
それを使っても、矢印や文字等を入れて装飾することが出来ます。
しかし、ペイントだと味気ない地味な装飾しか出来ません。

しかし、頻繁に使ったりするなら、専用のソフトを入れたほうが、綺麗かつ簡単に矢印や文字で装飾することが可能です。

Windows10標準ソフトのペイント
KazuHiro
数回しか使わないならペイントでも十分かもしれませんね。

 

Skitch アプリを使おう

そこで、Skitchと言う、多くのブロガーが愛用しているソフトがあります。
これこそ、簡単かつ綺麗に画像を装飾できるソフトなんです。

しかし、2018年2月14日現在SkitchはMac・iPad・iPhoneの3つの機種にしか対応していません。
以前はWindowsにも対応していたのですが、Windows版の開発とサポートが間に合わないのか、提供&開発共に終了してしまいました。
別に、バージョンアップはしなくてもいいので、提供だけは残してほしかったのですが、現在は公式HPからダウンロードすることは出来ません。

しかし、インターネット上には有名ソフトウェアの各種バージョンをダウンロードすることが出来るサイトが存在しています。
まずはこちらのページにアクセスしてSkitchソフトウェアをダウンロードしましょう。

 

するとこのページに移動するので、該当箇所をクリックしてダウンロードしましょう。

Skitchを使って画像を装飾しよう

 

ダウンロードが完了すると、「skitchsetup_2.3.2.176.exe」をダブルクリックしてインストールしましょう。

Skitchを使って画像を装飾しよう (2)

 

「同意します」にチェックを入れて次へ

Skitchを使って画像を装飾しよう (3)

 

そのまま次へ

Skitchを使って画像を装飾しよう (4)

 

無事インストール完了しました。

Skitchを使って画像を装飾しよう (5)

 

Skitchの使い方

Skitchを起動させると下記の画像のような状態になります。
それぞれのアイコンをクリックすれば簡単に文字や矢印を付け加えることが出来ます。

Skitchの使い方

 

Skitch上から画面をキャプチャーしてすぐに編集することが出来るので、素早く矢印と文字付きの画像が作れちゃいます。

Skitch 画面キャプチャー

 

まとめ

既に、公式では提供終了したソフトではありますが、現在でも問題なく使えることがわかりました。
Windowsでは、古いソフトを使うのは昔から当たり前なので、iPhoneのようにバージョンされないソフトはいずれ使えなくなるということもあまりありません。
今回のSkitchの様に、公式での配布が終了してしまったり、古いバージョンのソフトウェアが欲しいときなどは、探してみると見つかったりします。

「 ソフト名 Download 」のようにGoogleで検索すると、有名ソフトの古いバージョンをまとめているサイトがあるので、必要なときは探してみると良いかもしれません。

KazuHiro
欲しかったソフトウェアも、探せば見つかるはず。