お湯を沸かすミニコンロを自作してみた【ロケットストーブ風】

ミニコンロ DIY DIY

今回は、空き缶を使って、ミニコンロを作ってみました。

イメージ

Amazonで2000円くらいで買える、ウッドストーブをイメージして作ってみました。

 

動画

▼コーヒー1杯分を沸かす

 

▼コーヒー3杯分の湯を沸かす

 

ポイント

良い点

  • 無料のゴミで作れる
  • これよりも多くのお湯を沸かすにはサイズが小さい

気になる点

  • 台が不安定
  • ダンボールだと灰がすごい貯まる
  • 投入口を出っ張らせる意味はほぼ無い

 

まとめ

多分、性能はAmazonで買える2000円暗いのものを同じだと思います。
出っ張り部分はロケットストーブ風にしたかったので付けてみましたが、多分いらないと思います。
大きめの缶に適当に穴を開けて、網をつけるだけで十分だと思います。

今回は、ペンキの空き缶とトマトのホール缶を組み合わせて使いました。
ペンキの空き缶はなかなか便利ですね。
大きめの缶は、いろいろ活用できそうなので、取っておいて損はないかと思いました。
赤ちゃんの粉ミルクの缶詰とかもすごい良さげです。

後日、800mlの缶でも同様にお湯を沸かそうと思ったのですが、1時間掛けても沸騰させることができませんでした。
一応暖かくなったので、コーヒーのお湯としては使えたのですが、火力不足と、コンロ内の容量が小さすぎて、灰がたまりすぎて、火力がどんどんと弱まってきてしまいました。
ダンボールを使ったというのもありますが、サイズが小さいと、灰を掻き出すこともできないため、限度があることがわかりました。

 

次回は、もっとシンプルなものを作ってみようかと思います。