暗号通貨にAIが導入される日も近い【仮想通貨ニュース】

仮想通貨 AI 未分類

様々なところで、活躍し始めているAIですが、仮想通貨の世界にも続々と参入してくるようです。

仮想通貨を売買するAIの誕生

AIが仮想通貨を含む金融市場を支配する日

仮想通貨 AI

「機械学習(マシンラーニング)」を用いた予測が急発達
近年では、Googleの機械学習を活かした「フライトの遅延予想」や、「仮想通貨の市場変動」が予測されるケースが増えてきました。
仮想通貨にもAIの時代
人工知能(Artificial Intelligence; AI)は、すでにヘッジファンドの業務である取引や資産運用などを引き継ぎはじめており、このまま発展することで、近い将来「仮想通貨市場を支配」する可能性もあります。

以下、全文を読む

<記事の内容まとめ>

  • 機械学習を用いた技術はGoogleの「フライトの遅延予測」として現在実用されている
  • これらの技術が仮想通貨の売買にも応用される
  • AIと機械学習は別の技術
  • 1つのAIが数十種類の仮想通貨を自動売買するシステム(Silo)が開発された
  • 仮想通貨の詐欺(主にICO)も流行し、FacebookではICO広告を全面禁止した
  • 中途半端な知識を持っているトレーダーは今後仕事を失う可能性がある

 

<この記事への反応>

  1. 近未来がそうなるとすれば、人間の知能と人工知能の組み合わせで世界中の分析家の投資予測と金融データのAI解析を行い投資判断をサポートするCNDに妙味あり♪
  2. AIが仮想通貨を含む金融市場を支配する日 ヘッジファンドは、人工知能を取り入れてない競合他社を大幅に上回る成果を上げています 仮想通貨ヘッジファンドの発展と繁栄に伴い、人工知能を利用した取引技術が、仮想通貨市場を支配するのも時間の問題
  3. 機械学習で自動取引の時代もすぐそこに。
    欲に負けて利確損切りの下手な僕の場合いっそ機械にお願いした方がいいわ 泣
  4. すべての人がAIを使ったら金融市場はどうなるのだろうか?
    さて人間介入しないのは金融市場と呼べるのだろうか?

管理人(カズヒロ)の意見

ボク自身は仮想通貨をやっていますが、トレーディングはしていません。
AIの能力にはもちろん、他の優秀で経験豊富な人たちには勝てないことはわかりきっているからです。
オリンピックの様にトレーディングの勝者は一人ではありませんが、敗者となる確率のほうが高いと思うんです。

そのなかでも、勝てる方法は「ガチホ」です。
ガチホというのは、長期的な保有です。
1週間程度の先なら、人間やAIでもある程度予想出来るかもしれませんが、長期の変動というのは、人間でもAIでも予想つきません。

予想が出来ないというのはギャンブルに近いかもしれませんが、流動性があるものというのは、上がるときもあれば下がるときもあるんです。
レバレッジをかけずに、現物を保有し続けていれば、確実に損をすることなく勝つことが可能です。
ただ、そのタイミングが1年先か、2年先か、はたまた5年先なのかはわかりませんがね。