NVIDIA新型GPUの名前はチューリングか?【仮想通貨ニュース】

マイニング戦争がまだ続きそう。

NVIDIA新型GPUの名前はチューリングか?

NVIDIAの新GPU「Turing」は仮想通貨マイニング用途となる可能性

Nvidea GPUチューリング

NVIDIAは2018年3月に「Turing」というコードネームの新しいGPUを発表する予定となっています。ゲーミング用GPUとなるのかなど詳細は不明ですが、開発コードネームの由来とGPU需要の傾向から、暗号通貨マイニング向けのGPUとなるのではないかと予想するメディアも登場しています。

以下、全文を読む

<記事の内容まとめ>

  • 2018年3月にコードネーム「Turing」の新型GPUの発表予定
  • 過去の傾向より、暗号通貨のマイニング用と推測される
  • 現在NVIDEA GPUの値段は定価の3倍にまで高騰している
  • 現在の在庫は歴史的な低水準を記録
  • Turingというのは第二次世界対戦時のドイツ軍の暗号解読者「アランチューリング」から取っていると考えられる

 

<この記事への反応>

  1. 頼む!NVIDIA!マイニング特化GPU作ってゲームGPU枯渇を抑えてくれ!
  2. NvidiaのGPUは代々物理学者の名前だったんだけど、次の名前はTuringで由来が暗号学者のAlan Mathieson Turingらしく新GPUはマイニング特化になるのではないかともっぱらの噂。
  3. TuringはFPUを省いたGPUとか?
  4. あれ?Voltaってどうなったんだっけ
  5. 「すべてのGPUマイニングを過去にする」くらいの性能をTuringさんが持っていた場合の、手持ちのマイニング用GPUはどう活用しましょうかね
  6. nVidia謹製のASIC搭載GPUかなー?GPU内にASIC内蔵ってことか?でも新チップじゃないとすると、ミドルレンジ~ローエンドのGPU+ASICと予想

管理人(カズヒロ)の意見

アラン・チューリングと言えば、映画「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」を思い浮かべます。
ノンフィクションの戦争映画ですが、戦場ではない所の暗号解読を焦点に当てた映画になっています。
天才数学者のアラン・チューリングは、敵の信号を解読するための機械を製造して、そのために奔走する物語です。
この映画は非常に面白く、岡田斗司夫さんも絶賛しているくらいです。

まさに、暗号通貨のマイニング用GPUとの相性は抜群のネーミングですよね。
大好きな映画の主人公のネーミングを採用しているというのは、映画好きなボクからすると非常に嬉しいです。

しかし、マイニングという多大なエネルギーを消費するセキュリティーシステムはあまり好きにはなれません。
膨大な電力を使用して、公開台帳を動悸するシステムは、改ざんに非常に強いかもしれません。
そのためのエネルギー消費は果たしてこれに見合っているのか、甚だ疑問です。

proof-of-work (POW)に変わる承認システムが様々出ているため、POWは過去のものになるような気もしていましたら、もしかするとそうでもないのかもしれませんね。

[voice icon=”https://geek-kazu-next.com/wp-content/uploads/2018/02/hiyoko.jpg” name=”KazuHiro” type=”l fb”]ボクは、これから、エコなシステムに移行していってくれることを望みます。[/voice]