BTCのライトニングネットワークってなに?【ビットコイン】

ライトニングネットワーク 仮想通貨

ビットコインを調べていると「ライトニングネットワーク」と言う言葉が度々登場します。
今回は、ビットコインのライトニングネットワークについて調べてまとめてみました。

ライトニングネットワークとは

ライトニングネットワークを詳しく説明すると、あまりにも難解すぎてしまい、大半の人は理解出来ません。
通常生活している上で、考えられるような手順・仕組みでは無いためです。
そのため、完結にわかりやすく説明するとこの様になります。

ライトニングネットワークとは
ビットコインの送金手数料を非常に少なくするための方法です。

 

仕組みは?

通常、「Aさん」から「Bさん」に1BTCを送るとします。
そして、同時に「Cさん」から「Dさん」へと1BTC送る手続きが発生したとします。
このときに、それぞれ個別にやり取りすると2箇所で手数料が発生しますが、これをまとめて「1つの手続き」にするのがライトニングネットワークです。

2回発生するはずの手数料がまとめられると1回になるので、手数料は半分になります。
もしこれが、10回なら手数料は1/10。
さらにこれが、100回なら手数料は1/100というように、手数料を少額にすることが出来るようなるのです。

KazuHiro
個別にフリマをするのが今までで、ライトニングネットワークは、それをまとめてくれるメルカリみたいな感じかな?

 

メリットは?

ライトニングネットワークを使うことで、手数料が大幅に安くすることが出来ます。
ただ、それだけでなくいくつものメリットがあります。

  1. 送金手数料の減少
  2. 送金スピードの向上
  3. 少額の送金が可能となる
  4. エコ
  5. 送金詰まりの解消

 

ビットコインの今後

現在ビットコインは様々な問題にぶつかりながら、少しずつ成長している仮想通貨です。
ライトニングネットワークは、ビットコインが今後成長する上で必ず必要となってくる技術となります。
そのため、ライトニングネットワークが実装されれば、ビットコインの価値は今以上に上がると言われています。

ビットコイン以外には、より優れた仮想通貨が存在しているので、あえてビットコインを選ぶと言う人も少なくなってきましたから、例え実装しても大きな値上がりはしないと言う意見もあります。
また、実装されるかどうかもまだまだ実験段階の最中です。
どちらにせよ、期待のできるシステムであることには間違いありませんね。

KazuHiro
200万円から100万円に下がったビットコインですが、将来的に1000万円を超えると言っている人もいますから、まだまだ先は読めませんね。