No Fake Coin (NFC)とは?【仮想通貨】

No fake coin 仮想通貨

No Fake Coin のトークンセールが開始されましたので、NFCについてまとめてみました。

No Fake Coinとは?

世界中で問題となっている、模造品、偽造品を防止するために開発されたコインが「No Fake Coin」です。
略称がNFCなので、スマホなどに搭載している無接点通信のNFCと同じなのでわかりづらいですね。
また、No Fake Coinを発行するチームをNo Fake Todayと言います。

NoFakeCoinは世界一の偽造防止アルゴリズムです。
中国では当たり前のように、偽物が市場に溢れています。
アメリカやヨーロッパの企業が進出しても、大半が偽造されてしまい、本物が全く売れないと言う現象も発生しています。

中国に進出していないはずのブランド物も、何故か中国で販売されているということもあるくらいです。
インターネットの進歩により、そういった商品が日本を含めた世界中にあふれることが予想されますが、それを防いでくれるのが「NoFakeCoin」です。

KazuHiro
動詞のような名前で、こちらもわかりづらいですね(汗)

 

動画

このNoFakeCoinを活用することで、偽物を撲滅するためのシステムを構築出来るようになります。

 

ICO トークンセール 参加方法

まずは、下記ボタンからNFCのページに飛びます。

 

すると、各種情報を入力する画面が表示されるので、入力します。

No Fake Coin とは (1) No Fake Coin とは (2)

 

登録が完了すると、マイページに入れるようになります。

No Fake Coin とは (3)

 

右上に自分の名前が書いてあるため、そちらをクリックすると「ステータス:承認待ち」と表示されています。
これが「ステータス:承認」となりましたら、ICOに参加出来るようになります。

No Fake Coin とは (4)

 

最近はICOの詐欺が多数報告されています。
そのため、このNo Fake Todayでは、念入りにセキュリティーを高めているようです。
ICOでは少ない、個人情報(免許証、パスポート)を登録しなければICOに参加できない仕組みとなっているのは、少々面倒ではありますが、それだけ力を入れていると言う現れでもあります。

 

 

各種情報発信サイト

Telegramにて詳細な情報が更新されているため、最新の情報はそちらをご覧ください。

 

まとめ

NoFakeCoinは今後発展が予想される、注目のコインです。
まだまだ、コミュニティーは小さいですが、一般人には知れ渡る前段階のため、いま参加するということは大きな利益が見込めます。
技術自体は非常に素晴らしく、需要も見込めるため、個人的に非常に期待出来ます。

KazuHiro
ライバルがいない技術はかなり注目です。

 

配布されました。2018年4月15日 追記

無事に配布が完了しました。

下記情報をコピペしてカスタムトークン追加よりNFCトークンを追加することが可能です。

トークン契約アドレス:0xb0866289e870D2efc282406cF4123Df6E5BcB652
トークンシンボル:NFC
ケタ数:18

No fake coin token