雨上がり決死隊解散について

雨上がり決死隊が解散しました。

何故かアメトーーク特別編のYouTube動画が消えていましたが、探すと他の方が投稿した動画がありましたので、貼っておきます。

 

僕自身は、雨上がり決死隊自体、そして宮迫もホトちゃんも特別好きなわけでも嫌いなわけでもなく、テレビに登場していたら見る程度のコンビです。
YouTubeチャンネルも登録しておりませんし、たまに何かでバズったときだけ見る程度です。

そんな僕が雨上がり決死隊の解散を知って思ったは、芸人業界というかテレビ業界って、ヤクザのような面倒くさい業界だなってことです。

 

一般的な社会で、テレビ業界のような、絆と信頼で成り立っていることってほとんど無いと思います。
一般的な会社員は、お金と契約でつながっており、多少の付き合いがあったとしても、会社や先輩のために、無給で行動するということは、ほとんどの人は無いと思います。
一部、会社の垣根を超えて、一人間として尊敬をしていたり、友人として付き合う人もいるかもしれませんが、たかが会社という相手に対して、そういう感情はありませんよね。

しかし、この芸人・テレビ業界というのは実に複雑であります。

今回雨上がり決死隊が解散することで、仲間である芸人同士が涙する場面がありましたが、そこはまだ理解ができます。
長年付き添ってきた仲間(先輩)のチームが解散してしまうというのは非常に悲しい出来事であります。
しかし、冷静になって考えてみると、日本という場から離れて、もう会えないというわけでもなく、会おうと思えばいつでも会えるし、コラボだってすればいいわけです。

ここがいまいち、テレビ業界に携わっていない人間としてイマイチ理解に苦しみ、一緒に涙できない理由でもあります。

 

さらに難解なのが、よしもとと宮迫の謎の関係性です。
宮迫が闇営業でお金を受け取ってしまっていたというのは、社会的に悪と言うイメージが付いていますが、冷静にその時の様子を伺ってみると、避けようもなかった反社会との繋がりだったり、違法というわけもないわけです。
しかし、よしもとはメンツとプライドによって、いつまでも宮迫を迫害し続けているのです。

放送内では、宮迫がすべて悪いと、彼自身おっしゃって折りましたが、本当の悪は「よしもと」の独裁的な経営システムかと思います。
あまりにも古すぎるシステムは、まるでヤクザ社会のメンツの為に指を切り落とす行為のようにも見えてしまいます。
(宮迫は指を切り落とさなかったから、迫害を続けていたよしもと」

旗から見ていたら、面白い文化だなぁ~とは思いますが、こんなシステムが続き続けるようじゃ、よしもともそのうち消えてしまうんじゃないかなと思いました。

個人的に、お笑いは好きなので、宮迫さんには今後も頑張ってほしいなと思います。

雨上がり決死隊解散したね

コメント

タイトルとURLをコピーしました