廃墟引っ越し当日の出来事

廃墟への引越し当日は、雪かきして、ちょっと掃除して、寝るだけでした。

200万円の廃墟

家賃0円のシェアハウスを作るために、激安の廃墟を買ってみました。
可能な限り、自分と手伝ってくれる人たちでDIY修理し、誰もが自由に住める家にします。

【200万円の廃墟シリーズ】

 

引越し当日の寝床

引越し当日は、玄関からすぐのリビング、LD11.5畳の部屋に寝ることにしました。

引越し当日の寝床 (1)

 

灯油ストーブと灯油20リットルも持ってきていたので、すぐに部屋を温めることができました。
ところが、灯油ホースを持ってくるのを忘れたため、近所のホームセンターで一番いいモデルを買ってきました。

【Amazon】灯油ホース 一番ええモデル 引越し当日の寝床 (2)

 

しかし、床は結構汚いです。
ホームセンターでついでに買ってきたブルーシートを敷くことで、きれいな床の出来上がりです。
薄手のブルーシートはこの面積で400円という破格のお値段でした。

【Amazon】ブルーシート 引越し当日の寝床 (3)

 

この上に布団を敷けば、すぐに寝られる状態です。

引越し当日の寝床 (4)

 

家全体が寒いので、玄関が冷蔵庫代わりとなります。

引越し当日の寝床 (5)

 

次の日の朝

一夜明けて、気温を測ってみると、外気温4度でした。

引越し当日の寝床 (6)

 

もちろん、家の中も4度です。

引越し当日の寝床 (7)

 

ストーブを付けると、14度と暖かくなります。

引越し当日の寝床 (8)

 

このときのリビングはこんな状態です。
広いのを良いことに、適当に物を置きまくっています。
そして、この状態が約1週間ほど続きました…。

引越し当日の寝床 (9)

 

【200万円の廃墟シリーズ】